寝具にこもった湿気を取るには?

寝具を乾燥させることを意識

窓をこまめに開けよう

寝室に湿気が籠っていることが原因で、寝具にカビが発生してしまます。
そんな寝具ではゆっくり身体を休めることができません。
きちんと乾燥させてください。
天気の良い時は、窓を開けておきましょう。
また寝具を重ねたままでは、湿気が溜まりやすいです。
定期的に干して、乾燥させることを心がけましょう。
部屋の湿気を取ることが、寝具の湿気を取ることに繋がります。
窓を開ける際は、ドアも開けると空気の通り道ができるので、効果が倍増します。

乾燥機や除湿器を使っても良いでしょう。
雨が続いている時は、窓を長時間空けることができません。
また日当たりの問題で、ずっと日陰になってしまう寝室もあります。
それでは一向に寝具が乾燥しません。
乾燥機や除湿器があれば、簡単に室内も寝具も乾燥します。
湿気の対策をするなら、除湿器が最も良いと言われています。
水が溜まったらランプが点灯して教えてくれるので、トイレなどに流してください。

新聞紙を使うことで、除湿できます。
どの家庭でも新聞を取っているでしょうから、読まなくなった新聞紙を活用してください。
寝具の下に敷くだけで、湿気がなくなります。
湿気を吸いとると、新聞紙やふやけていきます。
その頃になったら効果を発揮できないので、すみやかに交換してください。
大体、半年に1回ぐらいの交換で大丈夫です。
身近な存在の新聞紙がで、湿気を取れるのは嬉しいですね。
費用を掛けたくない人は、この方法を使いましょう。


ページの
先頭へ