寝具を乾燥させることを意識

身近なアイテムで除湿できる

新聞紙を敷いておこう

毎日自宅に新聞が届く家庭が多いでしょう。
読み終わった新聞は簡単に処理しないで、湿気を取るのに使ってください。
新聞紙を寝具の下に敷くだけで良いので、非常に手軽です。
早く湿気を取りたい人は、寝具と寝具の間に挟んでも良いですね。
乾燥機や除湿器があれば便利ですが、購入するのに費用が発生します。
予算があまりない人は、まず新聞紙の方法を実践してください。

それでも期待したほど効果がでなかった場合は、機器を買いましょう。
全く費用が発生しない方法なので、気軽に試せると思います。
また新聞紙は、効果が出るのが早いと言われています。
寝室が湿っていると思ったら、すぐ実践しましょう。
すると湿気が取れ、寝具をカビから守れます。

効果が持続する期間

半年ほど効果が持続する部分も、新聞紙の嬉しい魅力です。
頻繁に新聞紙を取り換えなくても良いので、負担が減りますね。
しかしかなり湿気が溜まっている寝室の場合は、数か月で新聞紙がダメになってしまうかもしれません。
部屋の状態によって交換の頻度が異なるので、定期的に確認してください。
新聞紙を触って、少しだけ湿っているぐらいだったらまだ大丈夫です。

また寝具の下に敷く新聞紙は、1枚で十分です。
1枚で、大体半年ほどの効果を得られると言われています。
寝具にカビが生えると、買い替えなければいけません。
頻繁に買い替えると、お金がなくなってしまいます。
今使っている寝具を少しでも長持ちさせられるよう、お手入れをきちんとしましょう。


この記事をシェアする


ページの
先頭へ